紙のマニュアルに関する5つの問題

現在、有償のサービスを提供する場合、「紙のマニュアル」を提供することは常識になっています。しかし、実は5つの問題を抱えています。

1.印刷コストがかかる
当然ですが、マニュアルのデジタルデータを大量に印刷するためには印刷コストがかかります。


2.配送コストがかかる
印刷したマニュアルは、何らかの形で、お客様の手に届くようにするために、配送する必要があり、配送コストがかかります。


3.保管コストがかかる
見過ごされがちですが、印刷したマニュアルは、保管するスペースを確保したり、在庫数を把握したりする必要があり、保管コストがかかります。


4.大量に紙を消費する
地球環境問題に取り組むべく、社会が一丸となってエコに努めることが必要な中で、紙を大量に消費する「紙のマニュアル」を提供することは時代に逆行しています。


5.頻繁に情報を更新することができない
当然ですが、印刷したマニュアルは、変更することができません。また、新たにマニュアルを作成するにしても、印刷コストや制作にかかる時間を考えると、頻繁に内容を更新することはできません。一方で、機能の仕様やサービス内容は日々進化しており、マニュアルの内容との差異は広がるばかりです。




マニュアルの新しい形をご提案

そこで、マニュアルをオンライン化することを提案します。これにより、紙のマニュアルが抱えていた問題を一挙に解決します。

・印刷コストがかかる → 0円です。ユーザーが必要な時に必要なだけ印刷できます。
・配送コストがかかる → 0円です。
・保管・梱包材にコストがかかる → 0円です。
・紙を大量に消費する → 消費量はゼロです。
・頻繁に情報を更新することができない → リアルタイムに情報を更新することできます。


オンラインマニュアルにかかる3つのコスト

オンラインマニュアルのメリットをご理解いただけたでしょうか?しかし、マニュアルのオンライン化には新たなコストがかかるのです。

1.Webデザイン(Webデザインとは?
ユーザーにオンラインマニュアルを提供するためには、一定の品質を備えた、適切なWebデザインが必要です。通常、Webデザイン会社に外注するか、社内のスタッフに依頼する必要があり、コストと時間がかかります。


2.HTMLコーディング(HTMLコーディングとは?
当然ですが、HTMLファイル(ホームページのファイル)として、デザインした内容をHTMLコーディングする必要があります。


3.マニュアル提供用のサーバー(サーバーとは?
何とかオンラインマニュアルを作成できたとしても、マニュアルを提供するためのサーバーが必要です。通常、レンタルサーバーやサーバー管理会社との契約が必要となります。




低コストでオンライン化、ハウコレビジネス

オンラインマニュアルを作成・更新していくために必要な「Webデザイン」、「HTMLコーディング」、「マニュアル提供のサーバー」のコストを削減するソリューションが【ハウコレビジネス】です。ハウコレビジネスは、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の「中小企業経営革新ベンチャー支援事業」で採択され、自社開発したもので、以下の3つの特長を持っています。

1.一定品質のデザインを予め用意
通常なら、Webデザインを外注したり、社内のスタッフに作成依頼するところを、【ハウコレビジネス】のデザインを活用できるので、新たにデザインすることが不要です。


2.HTML不要のらくらく入力
ハウコレビジネスでは、ブログ感覚で文字を入力したり、キャプチャーソフトで撮った画像を挿入するだけで、マニュアルを作成できます。HTMLを理解している必要がありません。


3.クリックするだけでマニュアルを公開可能
作成したマニュアルは、全てサーバー上に保存されています。したがって、公開ボタンを押すだけで、マニュアルを提供できます。わざわざサーバーにアップロードする必要がありません。




移行作業をお手伝いします。

ここまでで、マニュアルのオンライン化と「ハウコレビジネス」のメリットをご理解いただけましたでしょうか?「メリットは理解できるけれども、既存のマニュアルの内容を【ハウコレビジネス】に移し替えていくことを考えると、二の足を踏んでしまう」というご担当者様、ご安心ください。弊社が、既存のマニュアルを、「ハウコレビジネス」に入力することをお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。


資料請求