サーバーとは

サーバーとは、社内外にオンラインマニュアルを公開するために必要な機器です。
自社にインターネット公開用のサーバーがあれば、既存のコストだけで済みます。しかし、サーバーが無い場合は、レンタルサーバーを契約するか、自社でサーバーを用意する必要があります。


サーバーの導入・運用

レンタルサーバーを契約する場合

導入手順は、以下の通りです。

1.レンタルサーバーサービス会社の選定
    ↓
2.レンタルサーバーの会社との契約
    ↓
3.レンタルサーバーのオンラインマニュアル用のURL(アドレス)の取得
    ↓
4.サーバーにマニュアルをアップロード(コピー)
    ↓
5.アップロード(コピー)したマニュアルの確認
    ↓
6.オンラインマニュアル用のURL(アドレス)へのリンクを張る

導入までに確認することが多く、設定等に手間がかかります。また、レンタルサーバーの容量を超えないように、マニュアルを作成・管理する必要があります。マニュアルの容量が増えた場合、契約容量を積み増したり、他のレンタルサーバーに乗り換えたりする必要が出てきます。

自社でサーバーを用意する場合

導入手順は、以下の通りです。

1.サーバーの購入
    ↓
2.サーバーの設定
    ↓
3.マニュアル公開用のURL(アドレス)の取得
    ↓
4.サーバーにマニュアルをアップロード(コピー)
    ↓
5.アップロード(コピー)したマニュアルの確認
    ↓
6.オンラインマニュアル用のURL(アドレス)へのリンクを張る

サーバーの設定には専門知識を必要とするため、専門会社に依頼するか、知識・経験のあるスタッフを確保しておく必要があります。
また、容量を気にする必要が無い等のメリットがありますが、突発的なトラブル等に対応しないといけなかったりして、運用・保守に少なからず手間がかかります。

>>「オンラインマニュアルにかかる3つのコスト」に戻る